花巻

賢治追体験まち歩きで ファンブック作製 市地域おこし協力隊・塩野さん【花巻】

宮沢賢治花巻まち歩きファンブックを手掛けた塩野さん

 花巻市地域振興部定住推進課は、市地域おこし協力隊の塩野夕子さん(36)=埼玉県出身=が写真、文章、イラストを手掛けた「宮沢賢治花巻まち歩きファンブック」を発行した。賢治が大好きで同市に移住した塩野さんは、「花巻の方言や地名、習わし、文化、農業に触れて作品の理解が深まった。自分が感じたことを市内の人たちや市外のファンに知ってもらいたい」と思いを込める。

 イラストで描かれた塩野さん自身が案内キャラクターとなって交通アクセスや賢治ゆかりの地などを取り上げ、「花巻は山に囲まれた自然豊かな所。ハイキングに行くような格好が一番。一日で寒暖差が大きかったり、6月や9月が寒かったりする」「文庫本を1冊持って行ったらいかがでしょう。花巻の空気を感じながら改めて賢治さんの紡ぎ出した言葉をかみしめてみるのも味わい深い」など主観を交えて紹介している。

 ゆかりの地については関連施設や名所を説明するだけでなく、当時の賢治の生活を追体験できる工夫も凝らした。豊沢町の賢治生家の場所から花巻農学校があったぎんどろ公園まで通勤路をたどる散歩コースを掲載したほか、同校で教師をしていた当時に光を当てた解説文なども添え、地元民が描く賢治像に迫った。

 塩野さんは、賢治作品の解釈を話し合ったり、読み聞かせイベントを企画したりできる場として自宅開放型の家庭文庫「賢治文庫」を同市大迫町大迫に開設。「花巻に暮らし、地元の人たちと接することで賢治をより深く知ることができた。自らの視点、ファンとしての目線を大事にしたのでガイドブックではなくファンブック。かつての自分と同じ賢治好きの旅行者に特に響いてほしい」と願う。

 冊子はB5判、カラー刷り、15ページ。2000部を発行し、市役所各総合支所や図書館、賢治関連の施設などで無料で提供する。県内の関連施設、首都圏の移住相談窓口などにも配布する予定。

 問い合わせは同課=0198(41)3516=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年4月21日付
花巻
2021年4月21日付
花巻
2021年4月21日付
花巻
2021年4月21日付