花巻

リムジン、セスナで優雅に 温泉宿泊者へ新ツアー 観光協会【花巻】

セスナ機で遊覧飛行に出発する臼沢さん(右から2人目)と美奈子さん(右)

 花巻観光協会(佐々木博会長)は、花巻温泉郷宿泊者向けの新しい観光プランとして、小型飛行機で花巻市上空を遊覧飛行するツアーを始めた。リムジンによる送迎付きで、特別でプライベートな時間を演出し、花巻ならではの旅を届ける。同協会では「東北で遊覧飛行を体験できるのはここだけ。新たな花巻の魅力として売り出していきたい」としている。

 小型機によるチャーターフライト(貸切飛行)や遊覧飛行を手掛ける北日本航空(本社同市葛)と、宮野目タクシー(本社同市東宮野目)が連携して造成。北日本航空が機材とパイロット、宮野目タクシーがリムジンと運転手を用意する。

 ツアーは花巻温泉などからリムジンに乗り、専用レーンから飛行場に入場。市中心部を俯瞰(ふかん)する15分コースと、早池峰山や田瀬湖など花巻の自然豊かな景観を満喫できる45分コースがあり、ベテランパイロットの案内で空の旅が楽しめる。搭乗は2人まで。

 ツアー最初の利用者となったのは、16日に搭乗した矢巾町の臼沢勉さん(53)・美奈子さん(52)夫妻。結婚30周年の記念として勉さんが妻のためにサプライズで用意した。

 全長8・2メートル、幅10・92メートルの「セスナ172M」でいわて花巻空港を飛び立ち、上空300メートルから2人ゆかりの地の景色を楽しんだ。フライト後、同空港に到着した臼沢さん夫妻は「コロナ禍で旅行が難しい時期だが、岩手にいて(旅行を)満喫できる。良い記念になった」と喜んだ。

 ツアーについては今後、季節に合ったルートの設定などの展開を検討中。同協会誘客委員会の佐藤寿美委員長は「コロナ禍で社会的に閉塞感が漂う中、イーハトーブの空に向かって飛んでリフレッシュし、明日への活力にしてほしい」と利用を呼び掛ける。

 申し込みは、同協会ホームページの特集「体験プログラム」から。予約締め切りは搭乗5日前の午後5時。体験料金はいずれも税込みで15分コースが1人1万8000円、45分コースが同3万2000円。

 問い合わせは、同協会=0198(29)4522=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年5月13日付
花巻
2021年5月13日付
花巻
2021年5月12日付
花巻
2021年5月12日付