北上・西和賀

麻宮ワールドに触れて 原画やフィギュア紹介 出身漫画家デビュー35周年【北上】

北上市立博物館で開催している原画展をPRする麻宮さん

 北上市立花出身の漫画家・麻宮騎亜さん(58)=本名菊池通隆、東京都在住=の原画展「雪月桜35」が17日、同市立花の市立博物館で始まった。200点以上の原画や関連のコミック、フィギュアなどを展示し、多分野で活躍する麻宮さんの世界に触れることができる。5月30日まで。

 麻宮さんは高校卒業後に上京し、アニメーターの活動を経て1986年に「神星記ヴァグランツ」で漫画家デビュー。88年にコミックで連載開始した「サイレントメビウス」はテレビアニメや映画、ゲーム、フィギュアなどで展開され、メディアミックスの先駆けとなった。日本人で初めてアメリカン・コミックスにも進出。デザイナー、イラストレーターとしても数々の作品を手掛けている。

 展勝地開園100周年、麻宮さんのデビュー35周年を記念し、春季特別展として開催。麻宮さんは都内や各地で展示会を開いており、北上では2007年の個展以来となる。

 館内ではデビュー作や「コレクター・ユイ」「遊撃宇宙戦艦ナデシコ」などのヒット作、現在連載中の「太陽系SF冒険大全 スペオペ!」「彼女のカレラGT3」関連の原画などを展示。スマートフォンをかざすと、キャラクターが音声案内するARも採り入れた。

 イラストレーターとして描いた「宇宙戦艦ヤマト」「シン・ゴジラ」などの原画も出展。多分野で活躍する麻宮さんの幅広い作品を紹介している。

 オープニングセレモニーには麻宮さんも出席し、平野憲教育長らと共にテープカット。麻宮さんは「デビュー35周年で今回、この企画をいただき本当にうれしかった。18歳で単身上京し、やっと北上市と両親に恩返しできる。これからも常に新しいものを目指しつつ、昔からやってきたものを大事にしていきたい」と思いを語った。

 5月5日までの北上展勝地さくらまつり期間中は無料。6日以降は一般500円、高校生240円、小中学生170円。午前9時~午後5時。2日午前11時から、みちのく民俗村で麻宮さんのトークショーとサイン会を予定している。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年5月14日付
北上・西和賀
2021年5月14日付
北上・西和賀
2021年5月14日付
北上・西和賀
2021年5月14日付