花巻

不要不急の往来自粛を 花巻市長がメッセージ

 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、花巻市の上田東一市長は30日、大型連休中の緊急事態宣言区域やまん延防止等重点措置適用区域との往来について自粛するよう訴えるメッセージを発出した。

 メッセージでは緊急事態宣言が発令された東京、京都、大阪、兵庫の4都府県と、まん延防止等重点措置が適用されている宮城県を含む7県との往来について不要不急の帰省や旅行などの自粛を求めたほか、その他の県境をまたぐ往来についても慎重な判断を求めた。手洗い、常時マスクの着用、3密の回避、飲酒を伴う懇親会や多人数・長時間による飲食の回避など感染対策の徹底も訴えた。

 特に感染リスクが高まる場面として注意を促してきた飲食に関しては、同居家族以外との飲食には慎重に対応し、連休中に家族や親族の帰省等がある場合には室内でのマスク着用などの感染拡大防止策を求めた。

 上田市長は「市内で感染が拡大しないよう今まで以上にマスクの着用、三つの密を避ける、あるいは不要不急の外出を自粛するなど感染を防ぐ対応を行ってほしい」と呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年5月9日付
花巻
2021年5月9日付
花巻
2021年5月9日付
花巻
2021年5月9日付