一関・平泉

室根山に見守られ農作業 大東・山吹棚田【一関】

「日本の棚田百選」に認定されている一関市大東町大原の山吹棚田では農作業に精を出す人の姿が見られた

 一関地方で今年最高気温を記録した18日、農林水産省が認定する「日本の棚田百選」に選ばれ、最も北に位置することから「北限の棚田」と称される一関市大東町大原字山吹地内の山吹棚田では青空の下、農作業に取り組む人の姿が見受けられた。

 同棚田は山の斜面約2ヘクタールに40枚ほどの田が階段状に並んでおり、南東側には室根山がそびえる光景が広がっている。現在も地元の人たちが山から引いた清水を利用してコメを育てている。今年は既に田植えを終えた田んぼもあり、同日は一関で最高気温26・8度(盛岡地方気象台調べ)と真夏日を思わせる暑さの中、田植えの準備を進める人もあった。

 代かきと草刈りを行っていた小野寺美穂さん(36)=同町大原字川内=は「暑いけど、週末に予定している田植えに向けて準備を進めたい。天気がいいので室根山もきれいに見える」と雄大な景色を楽しみながら、作業に精を出していた。

 同気象台によると、19日の県内は前線や気圧の谷の影響で曇りとなり、夕方から雨の降る所もある見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年6月24日付
一関・平泉
2021年6月24日付
一関・平泉
2021年6月24日付
一関・平泉
2021年6月24日付