一関・平泉

満開のフジ涼しげに 東山・長坂 猊鼻渓駅前【一関】

満開となり、初夏の日差しに映えるJR猊鼻渓駅前のフジ棚

 一関市東山町長坂のJR大船渡線猊鼻(げいび)渓駅前にあるフジ棚のフジの花が満開になり、駅利用客や近所の人の目を楽しませている。

 同駅のフジ棚は長さが25メートルほどあり、広場一角にあるトイレ付近から駅のホームに通じる階段付近まで幅約2・5メートルの棚が緩やかなカーブ状に延びている。

 フジは紫や白の小さな花を付けた30~70センチほどの房を垂らし、周囲に初夏の雰囲気を振りまいている。

 同駅は同町長坂地区中心部に位置し、付近には日本百景の名勝・猊鼻渓や鍾乳洞の幽玄洞などの観光地がある。猊鼻渓や幽玄洞のフジも見頃となっており、紫や白の花房がそちらこちらで新緑に彩りを添える。

 同町はかつてフジの花による地域の景観づくりを推進しており、フジの花で有名な栃木県足利市の「あしかがフラワーパーク」から女性樹木医第1号でフジ栽培の第一人者塚本こなみさんを講師に迎え猊鼻渓や猊鼻渓駅のフジ棚などを素材にフジ剪定(せんてい)仕立て方講座を開催するなどしている。

 同町でもこのところ季節を先取りする暑さが続いており、道行く人は爽やかな青空の下、淡い色の花房が無数に垂れる涼しげなフジ棚に目を細めていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年6月18日付
一関・平泉
2021年6月18日付
一関・平泉
2021年6月18日付
一関・平泉
2021年6月18日付