北上・西和賀

社会で役立つ仕事を 河崎さんリモート講演 協働まちづくりフォーラム【北上】

協働のまちづくりフォーラムで、河崎さん(画面)のリモート講演に聞き入る参加者

 北上市と市協働推進市民会議主催の「第13回協働のまちづくりフォーラム」は17日、市生涯学習センターで開かれた。基調講演や表彰を通じ、参加者は各団体、企業、市民、行政一体となったまちづくりへ心を一つにした。

 会場に65人、オンラインで45人が参加。ロート製薬人事総務部長の河崎保徳さんが「『なぜ仕事をするのか』から始まる働き方改革」と題し、リモートで講演した。

 河崎さんは東日本大震災の復興支援活動で、震災遺児の進学支援へ基金を創設したことに触れ「子供たちは『多くの人を救いたい、地域に貢献したい』などと何のために進学し、その職業を目指すのか意味を考えていた。『人さまのお金で大学に行っていいのか』と断ってきた人さえいた」と紹介。「お金を基準に会社を大きくしたいと思っていたが、それは違うと子供たちに気付かされた。われわれは薬に頼らない製薬会社を目指し、人が病気にならない提案をしていく」と強調した。

 さらに、「働く日本人は本当に幸せなのか。世界で2番目に睡眠時間が短く、世界での競争力も順位を下げている。国家予算規模を上回る企業も出てきて、お金のことだけ考え、企業経営をしていくのは恐ろしい。社会の幸せを考えていかないと、地球はあっという間に住みにくくなる」と警鐘を鳴らした。

 社員の提案で副業兼業、部門兼任も認めて取り組んでいるとし、「会社の成長は、個人の成長でもある。目的はお金もうけではなく、社会の役に立つことだ」と力を込めた。

 続く表彰式では、2020年度市地域貢献活動企業褒賞で功績継続賞に輝いた県理容生活衛生同業組合北上支部、丸片機水工業、薄衣電解工業、功績賞の県建設業協会北上支部青年部会、東北KAT、北上和賀ロータリークラブ、明治安田生命保険岩手南支社北上営業所、審査員特別賞に選ばれた菊池工業の計8団体に髙橋敏彦市長が表彰状を授与し、13団体に感謝状を贈呈。市消防団協力事業所として13団体に市長表彰が贈られた。

 感謝状、市長表彰は次の通り。

 ▽感謝状=アイエムアイ、岩手銀行、小田島組、ダイナム岩手北上店、東北イノアック北上工場、ユアテック北上営業所、協同組合江釣子ショッピングセンター、クレアクロップス、日本たばこ産業北上支店、パルコホーム・日盛ハウジング、日立Astemoハイキャスト、東北ミネラル産業、北上電工

 ▽市消防団協力事業所市長表彰=小原建設、小田島建設、千田工業、小田島組、岩手建設工業、旭ボーリング、佐藤組、シオノギファーマ金ケ崎工場、後藤製作所、北上信用金庫、丸重、JAいわて花巻北上支店、東北佐竹製作所

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年6月17日付
北上・西和賀
2021年6月17日付
北上・西和賀
2021年6月17日付
北上・西和賀
2021年6月17日付