県内外

岩手工場など一時停止 来月、半導体不足で トヨタ

 トヨタ自動車は18日、半導体不足の影響で部品の調達が滞っているため、傘下のトヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)の宮城大衡工場(同)と岩手工場(岩手県金ケ崎町)の計3生産ラインで、6月に稼働を最大8日間停止すると発表した。計2万台の生産に影響が出るが、既に公表済みの販売計画には織り込み済みという。トヨタが最近の半導体不足の影響で国内工場を止めるのは初めて。

 宮城大衡工場は6月9~11日までの3日間休止する。岩手工場は第1ラインを7~14日と21~22日の8稼働日操業を止めるほか、第2ラインは9~15日までの5稼働日休止する。

 対象車種は、国内新車販売の車名別ランキングで首位を走る小型車「ヤリス」のほか、スポーツ用多目的車(SUV)の「ヤリスクロス」と「C―HR」。【時事】

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年6月21日付
県内外
2021年6月21日付
県内外
2021年6月21日付
県内外
2021年6月21日付