一関・平泉

華麗さ競う大輪 きょう「小満」【一関】

青空の下、花と泉の公園で花を咲かせたシャクヤク=一関市花泉町老松

 21日は二十四節気の一つ「小満(しょうまん)」。暦の上では日の光が強まるにつれて万物が成長し、天地に満ちはじめる頃とされる。20日の一関地方は高気圧に覆われた影響で朝から気温が上昇。最高気温は一関で25・9度、千厩では今季初の夏日となる25・3度(ともに盛岡地方気象台調べ)と、7月上旬並みとなった。

 「ぼたん・しゃくやく祭り」(31日まで)が開かれている一関市花泉町の花と泉の公園ではシャクヤクが咲き始め、華麗な大輪の花々が来園者を魅了している。

 園内では今月中旬まで見頃を迎えていた約320種、4000本のボタンに続き約40種、3000株のシャクヤクもここ数日で膨らんでいたつぼみが開花。鮮やかなピンク色が豪華さを放つポーラフェイや、深紅な色合いで八重が特徴のレッドチャームなど早咲きの品種が見頃で、奥州市前沢の小林登さん(78)は「初めて訪れたが、ちょうど咲いたばかりのシャクヤクを見ることができた。来年はぜひボタンが満開の時期に訪れたい」と語った。

 同気象台によると、21日の県内は前線や低気圧の影響により雨となる見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年6月21日付
一関・平泉
2021年6月21日付
一関・平泉
2021年6月21日付
一関・平泉
2021年6月21日付