奥州・金ケ崎

運動継続楽しく アプリで効果可視化 健幸ポイント事業【金ケ崎】

 金ケ崎町は2021年度、歩数などに応じてためたポイントを商品券と交換できる「健幸ポイント」事業を大きく変更する。専用のスマートフォン用アプリや活動量計を使用し、参加者の健康改善などの運動効果を可視化。成果が分かりやすく、楽しく運動に取り組める仕組みに改める。7月23日にスタートする計画で、6月4日まで町民の参加を募っている。

 健幸ポイント事業は16年度に始まり、これまでは各自が主に万歩計を使って参加する方式だった。今年度は健康づくり効果の向上やシステムの統一などを狙い、初めて事業を外部に委託。健康機器などを手掛けるタニタヘルスリンク(東京都文京区)が事業受託し、筑波大発のベンチャー企業つくばウエルネスリサーチ(千葉県柏市)が制度設計や評価などを担当する。県内では遠野市も同様の取り組みを進めている。

 対象は4月1日時点で18歳以上の町民で、学生は除く。専用アプリをダウンロードしたスマートフォンか、無料配布の活動(運動)量計を携行して参加。月、週、日ごとの歩数や肥満指数(BMI)、体重、筋組成といった情報を基に個人ごとに目標を設定し、歩数アップなどに取り組む。期間は22年1月末まで。

 ポイントは▽歩数の増加や推奨値の達成▽運動データ送信▽体組成計による測定での数値改善確認▽町が指定する運動・スポーツ教室への参加▽所定の健診受診―で付与される。1ポイント当たり1円換算で500ポイントごとに商品券と交換でき、上限は6000円。

 運動データは、アプリから送信できる。活動量計は▽町保健福祉センター▽各地区の生涯教育センター▽ホテル&リゾートみどりの郷▽イオンスーパーセンター金ケ崎店▽全国のローソンなどにある端末「Loppi」―に送信設備を設置。体組成の測定は町保健福祉センターとみどりの郷で行える。

 商品券はイオン、アークス両グループから選び、交換は22年2~3月。配布方法を検討している。

 定員500人で、参加無料。開始に先立ち、7月15、16の両日にみどりの郷で説明会を開催する。問い合わせは町保健福祉センター=0197(44)4560=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年6月22日付
奥州・金ケ崎
2021年6月22日付
奥州・金ケ崎
2021年6月21日付
奥州・金ケ崎
2021年6月21日付