一関・平泉

野草と野の花ふんだん 「清庵弁当」新発売 大東・京津畑やまあい工房【一関】

農事組合法人京津畑やまあい工房が6月から期間限定で販売する「清庵・野の花弁当」

 一関市大東町中川の農事組合法人京津畑やまあい工房(懸田等代表)は、6月から期間限定で食べられる野草と野の花をメインとした「清庵・野の花弁当」を販売する。鮮やかな色合いで見た目も楽しむことができ、同工房の伊東幸子事務局は「新型コロナウイルスなどで沈む気持ちを明るくできたらという思いで考案した。野草も新芽で柔らかくおいしく仕上がっており、多くの人に味わってもらいたい」とPRしている。

 同工房は山間部の食文化の継承を狙いに、地元産の野草を使った弁当作りなどを行っており、清庵の里顕彰部会との連携企画として定期的に季節に応じたメニューを考案している。

 今回は「清庵・野の花弁当」と名付けて、加工した3種類の花で彩った寿司や天ぷらなど計12品目が入っている。使用する容器も気持ちが明るくなることを願って、花柄にデザインを一新した。

 花のエキスを抽出した「ツツジゼリー」は、ツツジ本来のほんのりとした甘みなどが感じられるという。また花寿司は味付けした3種類のご飯の上に、塩や甘酢で味付けしたフジと八重桜、ツバキの花が添えられており、見た目も美しい仕上がりになっている。

 販売期間は7月末までだが、材料に余裕がある際には延長する場合もある。

 価格は税込み1080円で、希望日の前日昼までの予約が必要。注文数によっては宅配にも応じる。

 申し込み、問い合わせは同工房=0191(74)4888=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年6月16日付
一関・平泉
2021年6月16日付
一関・平泉
2021年6月16日付
一関・平泉
2021年6月16日付