北上・西和賀

復興 音色に込め プロアマ30人超で編成 20日フルートコンサート【北上】

コンサートに向けて練習に取り組む出演者

 30人を超えるフルートオーケストラが出演する「フルートがつなぐ約束 10年と100日コンサート」(実行委主催)は、20日に北上市さくら通りの市文化交流センターさくらホールで開かれる。東日本大震災の復興への思いをプロ、一般のフルート奏者が音楽で表現し、未来へとつなぐ。

 2011年6月に花巻、遠野の両市で開催した震災100日のチャリティーコンサートを受けて企画したイベントで、釜石市で当時被災したフルート奏者の山崎眞行さんが指揮棒を振る。

 本県在住やサポートのプロ奏者10人余りに加え、北上、奥州、盛岡など各市の小学生から70代まで趣旨に賛同した愛好者らでフルートオーケストラを編成する。

 前半はプロ奏者がソロやアンサンブルを披露。後半はピッコロからコントラバスフルートまでさまざまなフルートがそろい踏みし、作曲家岩岡一志さんが今回のために手掛けた「それは不死鳥のごとく」や、復興支援ソング「花は咲く」などを演奏する。

 5月30日には同ホールで練習会が開かれ、参加者が楽しんで音を合わせることなどを確認し本番へ心を一つにした。

 10年前のコンサートに出演した4人の中の1人で、実行委員長を務めるフルート奏者の牧野詩織さん(37)=花巻市桜台=は「この10年間で仲間が増え、発展した形を見てほしい。コンサートでは聞く人にも思いを共有する形で参加してもらい、過去を振り返るのではなく未来に向かっていくきっかけにしたい」と語る。

 当日は午後1時開場、2時開演。チケットは一般2000円、高校生以下1000円で、同ホールなどで販売している。前日の19日は釜石市民ホールTETTOでもコンサートを開催する。

 問い合わせは実行委=070(2014)2124=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年6月19日付
北上・西和賀
2021年6月19日付
北上・西和賀
2021年6月19日付
北上・西和賀
2021年6月19日付