奥州・金ケ崎

7月完了へ予約前倒し 奥州市高齢者ワクチン接種 対象者に郵送通知

 奥州市は高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種について、今月下旬から特設集団接種会場内の接種ブースを2倍にするとともに、水、木曜日の午後に新たな接種会場を設ける。市では接種可能数の増加分を8月以降の予約者の前倒しに充てる考えで、これにより一般高齢者の1回目の接種を7月末で終わらせるとしている。

 ワクチン接種の予約前倒しについては、11日に開かれた議会全員協議会で示された。

 同市の10日現在の予約システムによる予約状況は、1回目の接種分が1万1812件(8月7420件、9月4364件、10月28件)で、市ではこれを前倒しするという。

 市によると、特設集団接種会場のプラザイン水沢と江刺総合支所多目的ホールに設けている接種ブースを3から6に倍増。両会場の接種可能数は6月26日から7月までの土日で各6930件分増える。さらに水、木曜日の午後2時~5時30分には市文化会館(Zホール)に1日200件接種できる会場を設ける。

 結果、接種可能数は1万5860件増え、7月末までに希望する高齢者への接種が可能となる。前倒し分については市で日程調整した上で対象の予約者に郵送で通知。変更後の日程についての可否を、同封のはがきで返信してもらう。

 返信されなかった場合や6月下旬に変更される場合はコールセンターから電話連絡し、本人の意思を確認するとしている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年6月16日付
奥州・金ケ崎
2021年6月16日付
奥州・金ケ崎
2021年6月16日付
奥州・金ケ崎
2021年6月16日付