県内外

変異株に置き換わり 新型コロナ 県内新規感染は4人【岩手】

 県と盛岡市は25日、新たに30~60代の男女4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者はいない。県内の患者累計は1657人となった。

 内訳は盛岡市2人、県央保健所管内、二戸保健所管内各1人。

 県は1~19日公表分の患者20人(民間検査2人含む)のうち、18人から変異株「N501Y」が検出されたと発表した。7~13日の8人、14~20日の7人の検体について、いずれも変異株陽性率が100%となったことから、県内でも従来株から変異株に置き換わったとの認識を示した。

 県では新たな変異株「L452R」のスクリーニング検査を開始した。民間検査3人を含む21人の検体を調査し、検出されなかった。県内で置き換わりとなったN501Yのスクリーニング検査は今月中までとし、今後はL452Rのみのスクリーニング検査に切り替える。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年8月4日付
県内外
2021年8月4日付
県内外
2021年8月4日付
県内外
2021年8月4日付