一関・平泉

しぶき上げ初泳ぎ 一関水泳プール今季営業

一関水泳プールで浮輪を使って泳ぐ子供たち

 一関市狐禅寺の一関水泳プールは26日、今季の営業を開始した。新型コロナウイルス感染防止対策として昨年に続き入場制限を設けた中、市民らが待ちわびた「初泳ぎ」に歓声を上げた。

 午前中から市内の小中学生らが来場。子供用プールでは、児童らが梅雨空の下、浮輪を使って泳いだり、滑り台で遊んだりして水しぶきを上げていた。

 髙橋紘さん(南小2年)は「鬼ごっこをして遊んだ。水は冷たかったけど、楽しかった」と話し、母親の晴香さん(37)=同市字沢=は「カレンダーに印を付けてオープン初日を待ちわびていたみたい。楽しそうに遊んでいて良かった」と目を細めていた。

 同日は花泉水泳プール、東山B&G海洋センターもオープン。営業期間はいずれも9月5日まで(毎週月曜休業)で、遊泳時間は午前10時~正午(受け付け開始午前9時30分)、午後1時30分~3時30分(同午後1時)、午後4時30分~6時30分(同4時)の3回に分け、1回ごとに利用人数を制限して総入れ替えする。

 受け付け時、検温を行い体温が37・5度以上の場合は利用できない。各施設ともゴーグル、キャップ、ビート板の貸し出しは行わず、利用者は水着とキャップを持参する。

 問い合わせは市体育協会=0191(31)3111=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年8月4日付
一関・平泉
2021年8月4日付
一関・平泉
2021年8月4日付
一関・平泉
2021年8月4日付