県内外

県コロナワクチン集団接種 18歳以上に対象拡大 きょうから予約受け付け【岩手】

 県が実施する新型コロナウイルスワクチン集団接種について県は28日、高齢者接種の予約に空きがあることを受け、18歳以上に対象を拡大すると発表した。29日午後1時から電話やインターネットで予約を受け付け、県民への接種を加速させる。

 県の集団接種実施状況によると、県央会場が予約枠3600人に対し実施数3250人(実施割合90・3%)、県南会場が予約枠1800人に対し実施数920人(同51・1%)と、いずれも空きが目立つ。市町村の高齢者接種も進み、今後も空きが生じる可能性があるため、対象を拡大して補完することにした。

 新たな対象は市町村から配布された接種券を持つ18歳以上65歳未満。接種会場(県立大、アピオ、江刺西体育館)に変更はなく、予約も県新型コロナワクチン接種予約サイトと県予約コールセンターで引き続き受け付ける。年齢別の予約枠は設けず、先着順となる。

 実施日と予約枠は1回目が7月3、4日(アピオ3100人、江刺西体育館1800人)と同10、11日(アピオ3100人、江刺西体育館1800人)。2回目は7月31日と8月1日、同7、8日。

 県によると、一部自治体では65歳未満への接種券配布が始まっている。県医療政策室の佐々木亨室長は「予約の空きを有効活用しながら、高齢者と並行して県民の接種を加速させたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年7月28日付
県内外
2021年7月28日付
県内外
2021年7月28日付
県内外
2021年7月28日付