花巻

大谷、雄星 活躍期待 米大リーグ 花巻温泉に応援ボード

花巻温泉に設置された菊池投手と大谷選手の応援ボード

 米大リーグのオールスター戦(コロラド州デンバー、日本時間14日)に選出された花巻東高校出身でマリナーズの菊池雄星投手、エンゼルスの大谷翔平選手。花巻市湯本の花巻温泉(安藤昭代表取締役社長)は、菊池投手と大谷選手の大リーグでのさらなる飛躍を期し、同社事務所前に応援ボードを設置した。

 花巻市の知名度向上に貢献している両選手への感謝を込めて企画。応援ボードは長さ約2メートル、幅約1メートル。花巻東高、マリナーズ、エンゼルスそれぞれのチームカラーがあしらわれ、今シーズンの菊池投手と大谷選手の勝利数、大谷選手の本塁打数をカウントする。

 同温泉と花巻東高野球部は部員が入浴に訪れたり、保護者が3年生の送別会で利用したりとつながりがある。菊池投手のいとこで経理課の佐々木梨絵さん(42)は「(菊池投手は)小さい頃から穏やかで、努力家だった。夢をかなえて、うらやましい」と語り、「一球入魂で、今季は2桁勝利をしてほしい」とエールを送った。

 同部OBでブライダル課の渡辺義之さん(37)は「大リーグのオールスターに同じ高校出身の選手が選ばれるなんて、めったにないこと。明るい話題を届けてくれて、OBとしてとてもうれしい。帰国した際には温泉に入りに来てもらいたい」としていた。

 オールスターで大谷選手はア・リーグの先発を務め、1番指名打者で打順に入る。菊池投手は初めてオールスターに選出されたが、体調不良などのため、試合には不出場となった。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付
花巻
2021年8月3日付