奥州・金ケ崎

演奏や神楽にぎやか いさわ夏祭り2年ぶり【奥州】

いさわ水の郷夏祭りで堂々の演舞を見せる前谷地神楽保存会

 奥州市胆沢の2021年度いさわ水の郷夏祭り(実行委など主催)は25日、同市の胆沢文化創造センターで開かれた。20年度は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催。感染防止対策を取り、地元団体による演奏・演舞をはじめとする催しをにぎやかに繰り広げた。

 新型コロナ対策でステージイベントを大ホールに集約して来場者の動線を管理し、会場での飲食を禁止。恒例の餅まき、菓子まきは急きょ配布方式となった。

 実行委の藤田春芳会長は開会宣言の中で「コロナ禍の中、行政からの指導も仰ぎ開催したのは、長く人に会わず家の中でずっと過ごしているという高齢者や子供らに希望を与えるのがセンターの使命と思ったため。地方から夢や希望を広げる夏祭りにしたい」と語った。

 トップを飾った地元の胆沢中学校吹奏楽部をはじめ、同センターで練習をしている篠笛倶楽部パレット、地元若柳小学校の児童らを含む前谷地神楽保存会などが出演。ゲストの県立不来方高校音楽部、お笑いコンビのロッチとはなしょーのステージも盛り上がりを見せ、ラストは花火の打ち上げで締めくくった。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月16日付
奥州・金ケ崎
2021年9月16日付
奥州・金ケ崎
2021年9月16日付
奥州・金ケ崎
2021年9月15日付