花巻

ワイン発信充実の3年 花巻市地域おこし協力隊 飛世さんが退任

退任に際してあいさつする飛世さん(右)

 2018年から花巻市地域おこし協力隊員を務め、7月末で任期を終える飛世かおりさん(34)の退任式が30日、市役所で行われた。上田東一市長ら出席者からねぎらいの言葉を贈られた飛世さんは「ワインをたくさんの方に知ってほしいという思いが原動力になり、すごく楽しく充実した隊員生活を送ることができた」と任期を振り返った。

 18年8月1日に着任した飛世さんは、日本ワインフェスティバル花巻大迫、ツーリズムいわて、東京でのイベントなどを通じて花巻産ワインのPRに取り組んだ。イベント開催が難しいコロナ禍の中でも「花巻ワイン通信」と題し、取材したことをインターネット交流サイト(SNS)で日々発信。任期の集大成として花巻産ワインの魅力を紹介する冊子「花巻とワインとわたし」を作製した。

 退任に際し飛世さんは「花巻の温かい人柄に引かれて移住し、ワインの世界に飛び込んだ。真摯(しんし)にものづくりに向き合う人たちと一緒に仕事をさせてもらい、私自身すごく花巻ワインのことが好きになった。温かい皆さんの支えがあって今がある」と感謝した。

 上田市長は、市のふるさと納税の返礼品でワインを選ぶ人が増えていることに触れ、「おいしいワインだということがじりじりと知られ、プロモーションの成果の表れだと思う。一つ一つのイベントだけでなく継続的に取り組み、飛世さんの貢献は非常に大きかった。3年間本当にご苦労さまでした」とねぎらった。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付
花巻
2021年9月26日付