奥州・金ケ崎

64歳以下接種予約へ 奥州市 24日から受け付け ワクチン

 奥州市は5日、ワクチン供給不足のため延期していた64歳以下の接種予約について年代を区切って開始する方針を示した。当面は60~64歳を24日から受け付け、その後はワクチンの供給量を見ながら順次進める。これに合わせて受験生と就職活動者を優先接種の対象に加え、12~15歳への接種券を送付するとしている。

 同市ではワクチン供給の見通しが不透明な状況で、先月15日から予定していた64歳以下の接種予約を「1カ月程度」延期。今後の方針については、同日市役所で開かれた臨時新型コロナウイルス感染症対策本部会議で示した。

 臨時会議では、64歳以下の接種予約について段階的に開始するとし、まず60~64歳に対して今月16日に予約案内を送付し、24日から予約開始。その後はワクチン供給量を考慮しながら進めるとした。

 また、2021年度中に受験や就職活動が控えている中高生は優先接種対象となり、高校生以上については今月31日から予約開始。優先接種は現役生以外も対象で、現役生以外は本人が申告してコールセンターでの予約となる。現役生はウェブ予約も受け付ける。

 これまで対象外だった12~15歳については、県から指針が示されたことから接種対象とし、今月19日に接種券を送付する。予約開始は供給状況に応じてとしている。

 会議の中で、同市健康こども部健康増進課は8月に1万7550回分のワクチンが供給されるとした。7月の実績が約4万回だったことから、ワクチン不足が想定される状況。このことから集団接種会場の接種数を1日1000回から9月以降400回程度にするなどして接種数を調整していくと説明。

 また、65歳以上の接種状況は今月2日現在で1回目が81・37%、2回目は46・45%とし、64歳以下については優先接種などで1万回を超える接種が済んでいるとした。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月21日付
奥州・金ケ崎
2021年9月21日付
奥州・金ケ崎
2021年9月21日付
奥州・金ケ崎
2021年9月20日付