県内外

新規感染最多63人 病床使用率76・6% 新型コロナ

 県と盛岡市は20日、新たに10歳未満~80代の男女63人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。重症者はいない。県内の患者累計は2653人となった。1日当たりの新規感染者としては過去最多。重症者は1人増え2人となった。

 直近1週間の人口10万人当たりの新規患者数は県全体で25・9人、盛岡市は29・4人、病床使用率は76・6%でいずれも過去最多を更新した。

 内訳は盛岡市23人、県外7人、宮古市6人、一関保健所管内4人、中部保健所管内と奥州市、奥州保健所管内、久慈保健所管内、二戸保健所管内各3人、滝沢市、宮古保健所管内各2人、県央保健所管内、花巻市、大船渡市、釜石保健所管内各1人。

 クラスター(感染者集団)関連は、新たに盛岡市内の接待を伴う飲食店関連で7人が判明。既に公表分の患者3人を含め、店員や利用者ら計10人の感染が確認された。一関保健所管内の職場関連は3人判明し、計39人となった。釜石保健所管内のスポーツ活動関連は1人増え、計17人となった。

 新規感染者数が過去最多となったことを受け県医療政策室の三浦節夫感染症課長は「お盆に伴う人の移動やデルタ株の発症の早さの影響を受けているのだろう」とした上で、「依然、予断を許さない状況に変わりはなく、これまで通り不要不急の外出はできるだけ避けてほしい」と呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付