奥州・金ケ崎

ワクチン接種16~64歳 10月末終了へ 金ケ崎町

 金ケ崎町は、16~64歳の町民への新型コロナワクチン接種を10月末までに終える見通しを示した。24日に開かれた定例記者懇談会で、これまで公表していた各年代区分の接種希望者の1回目の接種に加え、2回目の日程を明らかにした。

 接種はファイザー社製ワクチンを使用し、町が日時と会場を指定する方式。2回目の予定によると、60~64歳(接種希望者443人)は9月9~17日、基礎疾患のある人(同1148人)は同13日~10月1日に実施する。59歳以下から集団接種となり、50~59歳(同757人)は9月26日、35~49歳(同1347人)は10月24日、16~34歳(同1330人)は同月31日に実施予定。

 事前の接種希望調査は1529人が未提出で、町は意向を確認する方法を検討していく方針。

 65歳以上の高齢者への接種は、64歳以下の開始に先立つ19日に日程を終えた。20日現在のまとめでは、対象者4915人のうち4578人が1回目の接種を、4490人が2回目を終えている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月21日付
奥州・金ケ崎
2021年9月21日付
奥州・金ケ崎
2021年9月21日付
奥州・金ケ崎
2021年9月20日付