一関・平泉

「いいね!」上位7点公開 摺沢水晶あんどん祭り・2部門【一関】

閲覧者の投票で選ばれた「オンラインあんどん賞」の作品(専用サイトより)

 一関市大東町の摺沢水晶あんどん祭り実行委員会(鈴木公夫委員長)は、今夏に開催した「オンライン摺沢水晶あんどん祭り」の投票結果をまとめた。全国から2部門に応募のあった約200点のあんどん絵のうち人気が高かった上位各7点を「オンラインあんどん賞」として専用サイト=https://surisawa-andon.com/=で公開している。

 同町摺沢地区は昔水晶の産地で、水晶を磨いて朝廷に献上したという言い伝えが残り、地名にも由来している。摺沢水晶あんどん祭りはお盆の帰省客に古里を感じてもらい、観光客の呼び込みにもつなげようと1980年代にスタート。祭りの間は実行委が事前に行う募集で集まった水晶の断面をかたどった六角形のあんどんや夢あかりを通りに飾っていたが、昨年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「オンラインにみんなの灯をともそう。」を合言葉に地元の若手ら「あんどんサポーター」が中心となって専用サイトなどであんどん絵を募り、サイトや新聞紙上で公開した。

 35回目となった今年も昨年に引き続きオンラインで祭りを開催。応募のあった約200点のあんどん絵を専用サイトで公開し、一般の部と中学生以下の部で閲覧者の「いいね!」が多かった7作品を「オンラインあんどん賞」とした。このほか、13~15日は摺沢市民センター駐車場で選抜した作品の展示なども行った。

 あんどんサポーターの櫻井陽さんは「今年もたくさんの方に応募いただき良かった。来年は通常の形で盛大にあんどん祭りを開催できればいい」とオンライン開催の摺沢水晶あんどん祭りを振り返った。

 入賞者には後日、賞状や賞品(最優秀賞、優秀賞)が贈られる。

 入賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇一般▽最優秀賞=乱魔▽優秀賞=おにぎり▽入選=寺澤俊治、cherub、momotto、我さん、ふじわら

 ◇中学生以下▽最優秀賞=チーカマ星人▽優秀賞=はるとぉくん▽入選=畠山叶羽、佐藤桃華・母、きくちれん、伊東雅美、ゆうまくん

momottoメモ

▲あんどん絵、描いてみた

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年9月17日付
一関・平泉
2021年9月17日付
一関・平泉
2021年9月17日付
一関・平泉
2021年9月17日付