県内外

新型コロナ/1人死亡、新規42人 北上で飲食店クラスター3件【岩手】

 県と盛岡市は5日、新型コロナウイルスで入院中の基礎疾患がある65歳以上の患者1人が死亡、新たに10歳未満~70代の男女42人の感染が確認されたと発表した。重症者はいない。県内の死者は計50人、患者累計は3224人となった。

 内訳は中部保健所管内11人、盛岡市9人、北上市8人、久慈保健所管内5人、県外、県央保健所管内、奥州保健所管内、二戸保健所管内各2人、久慈市1人。

 このうちクラスター(感染者集団)関連は、新たに北上市中心部の飲食店で3件発生した。1店舗目は公表済み1人を含めた計8人、接待を伴う2店舗目は公表済み4人の計7人、3店舗目は公表済み4人の計6人の感染が判明。いずれの店舗も系列店ではないものの、利用客や従業員同士の往来があった。

 盛岡市内では、職場が1人増の計6人、高齢者施設が1人増の計12人。中部保健所管内の接待を伴う飲食店は1人判明し計13人。久慈保健所管内では、接待を伴う飲食店が1人増の計19人、学校が2人判明し計9人となった。

 直近1週間の人口10万人当たり新規患者数は県全体が22・2人、盛岡市が24・3人、病床使用率は63・4%。重症者は1人減って2人となった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付
県内外
2021年9月23日付