奥州・金ケ崎

ジャパンカップ市実行委 カヌー5大会中止【奥州】

 カヌージャパンカップ奥州市実行委員会(会長・小沢昌記市長)は、本県で新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受け、10月16、17の両日に同市で開催を予定していた2021カヌースラロームジャパンカップ最終戦など5大会の中止を決定した。

 予定していた大会は、スラローム競技が同最終戦と、2021年度日本ジュニア選手権。ワイルドウオーター競技が今年度日本選手権、今年度ジュニア選手権、2021ジャパンカップ最終戦。会場は例年通り奥州いさわカヌー競技場(同市胆沢若柳)の予定だった。

 中止は関係先との協議を経て、9日付で発表。県内の新規感染者が減少せず、本県独自の緊急事態宣言も発出されている中で、参加者の安心・安全を担保することができず、感染リスクも高いとして判断した。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年9月27日付
奥州・金ケ崎
2021年9月27日付
奥州・金ケ崎
2021年9月27日付
奥州・金ケ崎
2021年9月26日付