一関・平泉

贈る相手へ真心込めて 千厩・磐清水で絵手紙講座【一関】

真心のこもった絵手紙作りに励む参加者

 絵と言葉ではがきに真心を込める絵手紙作り講座は11日、一関市千厩町の磐清水市民センターで開かれた。地域の女性10人ほどが参加し、野菜や花などをモチーフに温かみのある絵を描写。そこに思い思いのメッセージを添え、世界に一枚だけの作品に仕上げた。

 寺沢自治会女性部が主催し、地元を中心とした10人が所属する千厩絵手紙同好会を講師に迎えた。同部メンバーら参加者は、ナスやピーマン、ゴーヤといった野菜類のほか、紫、ピンク、青などが鮮やかな花の絵をはがきや色紙に描いた。

 絵手紙が初挑戦の女性も多く、「難しいね」「立体感が出したいのにできない」と悪戦苦闘。同好会の会員は「下手でいい。それが味」とアドバイスし、色の出し方や大きく表現する方法など、楽しんで作業するこつをレクチャーした。

 最後に「いつもありがとう」「今日も明日も元気に生きる」などの言葉をしたためて完成。同好会の白石幸子会長は「絵手紙は誰でも簡単に始められるし、身の回りのもの全てを題材にできる。相手への思いも言葉で伝えられるのもいい」と魅力を話していた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年9月18日付
一関・平泉
2021年9月18日付
一関・平泉
2021年9月18日付
一関・平泉
2021年9月18日付