県内外

きょうから秋の農作業安全月間【岩手】

 秋の農繁期に合わせ、県と県農作業安全対策協議会は15日から「全集中 ゆとりの呼吸で 安全作業」をスローガンにした「秋の農作業安全月間」を実施し、農作業事故防止に向けた取り組みを強化する。11月15日まで。

 期間中は▽農作業安全・事故防止に対する意識啓発▽農業機械の始業前点検の実施▽シートベルト着用など基本動作の励行▽野焼きを行う際の確認▽農作業環境の改善▽熱中症対策▽労災保険の加入促進―などを呼び掛ける。

 県によると、県内の農作業死亡事故は過去5年で計46件発生。トラクターなどでの機械作業事故が7割を占めている。さらに、秋の農繁期では9割に上っていることから、トラクターへの安全フレーム装着や機械の点検などを促す。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付
県内外
2021年9月21日付