一関・平泉

3県の具材鍋でどうぞ 須川高原温泉 宿泊客へ新メニュー【一関】

1日から宿泊者向けに提供される「須川3県お楽しみ鍋」

 一関市厳美町の須川高原温泉は、岩手、秋田、宮城にまたがる栗駒山(1626メートル)に位置していることにちなみ、3県の具材を一つの鍋で味わえる「須川3県お楽しみ鍋」の提供を1日の夕食から宿泊客向けに始める。

 同温泉は、2020年に3県の焼き肉のたれを食べ比べるメニューを提供しており、「3県シリーズ」の第2弾として登場。

 岩手県は一関の餅食文化を表す一関産のスライス餅とマイタケ、秋田県産のナメコと豆腐、宮城県の油麩(ふ)と豆麩といった3県の味覚を盛り込み、しょうゆ味で仕上げた。ナメコは夕食のみそ汁でも好評を博している大ぶりのものを使用している。

 鍋は今季の最終宿泊営業日の26日まで提供され、同温泉では「焼き肉と共に秋の新メニューを味わい、思い出としてほしい」としている。

 問い合わせは同温泉=0191(23)9337=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年10月17日付
一関・平泉
2021年10月17日付
一関・平泉
2021年10月17日付
一関・平泉
2021年10月17日付