一関・平泉

新議員26人決まる トップは沼倉氏 一関市議選

女性5人、公明と共産維持 

 任期満了に伴う一関市議選(定数26)は3日、市内71カ所で投票が行われ、即日開票の結果、現職20人と新人6人が当選、新人1人が涙をのんだ。トップ当選は3459票を獲得した現職沼倉憲二氏(71)=無所属=。公明、共産両党は立候補した全員が当選し、前回(2017年)と同数の議席を維持。女性は5人全員が当選し、改選前に比べて1人増えた。定数削減に伴う少数激戦で注目された投票率は、前回比4・06ポイント減の58・62%だった。

 出身地域(旧市町村)別の当選者数は、一関10人(前回比1人減)、花泉3人(同)、千厩3人(同)、大東4人(増減なし)、東山2人(同)、室根2人(同)、藤沢2人(前回比1人減)。党派別は公明2人、共産4人、無所属20人。男女別では男性21人、女性5人となった。

 定数が改選前から4人減の26人となった今回は、前回と同数程度の立候補者数が見込まれたが、一部地域で引退する現職の後継者擁立が進まなかったことに加え、準備不足を理由に直前で出馬を断念した陣営もあり、現職候補が前回比3人減の20人、新人候補が同1人減の7人に絞られた。

 各候補は出身地域を軸に有権者が多い中心部や住宅地などで活発な運動を展開。現職引退で空白となる地区に深く入り込んだり、佐藤善仁次期市長の応援協力を得たりするなど、懸命に支持拡大を図った。

 開票作業は同市狐禅寺の市総合体育館で午後7時50分にスタート。各陣営の関係者が見守る中、目標としていた11時10分から55分遅れの4日午前0時5分に終了した。

 当日有権者数は9万6553人(男4万6554人、女4万9999人)。投票総数5万6603票のうち、有効5万5961票、無効642票だった。

 当選証書の交付は、5日午後2時から市役所本庁で行われる。

一関市議選開票結果

(選管終了、案分票小数点以下切り捨て)

当3459 沼倉 憲二 71 無現
当3276 菅原 行奈 58 無新
当3030 猪股  晃 61 無新
当2937 岩渕 典仁 47 無現
当2373 千葉 大作 73 無現
当2318 勝浦 伸行 60 無現
当2222 佐藤  浩 67 無現
当2178 千葉 栄生 45 共新
当2170 岩渕  優 64 公現
当2113 千田 良一 68 無現
当2106 武田ユキ子 75 無現
当2066 小野寺道雄 74 無現
当2017 岡田もとみ 58 共現
当1986 那須  勇 63 無新
当1968 永澤 由利 67 無現
当1967 小岩 寿一 61 公現
当1902 千葉 幸男 72 無現
当1827 佐藤 幸淑 48 無現
当1728 千葉 信吉 62 無現
当1656 佐藤敬一郎 71 無現
当1650 佐藤真由美 63 共新
当1611 佐々木久助 67 無現
当1610 門馬  功 66 無現
当1607 齋藤 禎弘 54 共新
当1470 千田 恭平 67 無現
当1436 小山 雄幸 68 無現
 1272 藤代  崇 42 無新

※敬称略

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年10月23日付
一関・平泉
2021年10月23日付
一関・平泉
2021年10月23日付
一関・平泉
2021年10月23日付