北上・西和賀

避難誘導、救出迅速に ビル火災想定し消防訓練 料飲店組合【北上】

消防はしご車で高層階の救助も行われた訓練

 北上料飲店組合(新田直美組合長)は5日、北上市川岸のホテルシティプラザ北上で消防訓練を行い、参加者は万が一に備え避難誘導や初期消火の手順を確認した。

 同組合は2001年度から毎年、店舗や形態を変えて訓練を実施。21年度は中高層ビル火災を想定し、同組合のほか市旅館ホテル組合に加盟する店舗、事業所の関係者合わせて約50人が参加した。

 同ホテル2階のレストランから出火したとの一報で、参加者はホテル従業員の誘導で外へと避難。取り残された数人を、北上地区消防組合の消防士が高さ十数メートルの4階テラスから消防はしご車で救出した。水消火器を使った初期消火訓練も行われ、参加者は真剣な表情で取り組んだ。

 避難誘導に当たった同ホテルの伊藤優花さん(20)は「お客さんが不安にならないよう誘導した。本当に発生した際も素早くできるよう、今後も訓練を重ねていきたい」と気を引き締めた。

 北上料飲店組合加盟各店舗は新型コロナウイルスの影響で打撃を受けているが、20、21年度も欠かさず訓練を継続。新田組合長は「お客さんの安全が第一。いざというときにしっかり対応できるよう、毎年きっちりと訓練を続けていくことが大事だ」と強調した。

 北上消防署の渋川誠親予防係長は「いち早く危険を知らせ、通報することが大事。自分の場所(店舗など)に置き換えて実践して」と講評した。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年10月23日付
北上・西和賀
2021年10月23日付
北上・西和賀
2021年10月22日付
北上・西和賀
2021年10月22日付