花巻

甘~く熟した秋の味覚 東和でイチジク収穫【花巻】

たかすどう産土農産加工メンバーが収穫したイチジク。甘露煮に加工され、販売される

 花巻市東和町鷹巣堂の食品加工グループ「たかすどう産土(うぶすな)農産加工」は8日、町内でイチジクの収穫を行った。収穫したイチジクは甘露煮に加工されるといい、メンバーが甘く熟した秋の味覚を摘み取った。

 同グループは同町の住民13人で組織し、手作りのみそやたれ、ドレッシングを開発・販売している。2年ほど前から「イチジクの甘露煮」を作り始め、町内の道の駅や産直で売り出している。

 同日はメンバーら4人が作業に参加。同グループの活動に協力する同町谷内地内の住民が自宅敷地内で栽培している2本の木からイチジクを収穫した。メンバーは色づきや堅さ、大きさを確認しながら、傷が付かないように優しくもぎ取っていた。熟して果皮が割れた実は、その場で味わった。

 同日の収穫量は4キロほど。同グループの菅野和さん(66)は「まだ小さい実もあったので、また日を改めて収穫する。イチジクは鉄分を多く含み、女性に優しい果物」と笑顔を見せる。甘露煮は今月末ごろから販売する予定。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年10月16日付
花巻
2021年10月16日付
花巻
2021年10月16日付
花巻
2021年10月16日付