一関・平泉

エリア内、自由に乗降 オンデマンド交通を発展 「よぶのる一関」開始 JR東

「よぶのる一関」のロゴが示された専用車両。乗降場所を自由にするなどサービスを拡充して実施する

 JR東日本は、4~9月に一関市で実施した乗合交通サービス「一関オンデマンド交通」を発展させる形で、「よぶのる一関」を今月開始した。観光客だけでなく、地元住民からも利用されたことを受けて実施。以前は乗降ポイントが決められていたが、運行エリア内であれば自由に乗降できるようになるなど利便性が向上しており、積極的な活用を呼び掛けている。

 JRは、4~9月に開催された大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、スマートフォン一つで旅をサポートする「TOHOKU MaaS(東北マース)」を展開。県内では一関市などが対象となり、1人1回500円で移動できる一関オンデマンド交通が県交通と市内タクシー会社の協力を得て実施された。

 同事業では、観光客が一ノ関駅を起点に各地を巡ったほか、一般市民が各乗降ポイント間を移動する際にも利用された。JRでは地元で一定の利用が進んだとして、サービス内容を拡充した上で愛称をよぶのる一関として10月以降も継続して実施することとした。

 これまでは観光地や飲食店、温泉施設など44カ所の乗降ポイントを設定し、ポイント間のみの移動としていたが、対象エリア内であれば自由に乗降地点を設定できるフルデマンド方式に変更された。さらに、新たに子供運賃を設定してより利用されやすくした。運行エリアは一ノ関駅周辺や同市厳美町、赤荻、山目、萩荘の一部となる。

 以前はスマホを活用していたが、今回は電話で当日と翌日乗車分の予約を受け付ける。名前と電話番号、乗降場所(住所、目印など)、乗車希望日・時間、利用人数(1回8人まで)を伝えると、オペレーターから予約番号と乗車予定時刻が伝えられ、到着した専用車両に予約番号を伝えれば利用できる仕組み。

 運行時間は午前8時30分~午後5時30分(予約受け付けは午前9時~午後5時)。料金は1回の乗車につき中学生以上500円、小学生以下300円で、支払いは現金かSuica(スイカ)による決済となる。期間は2022年3月末まで(12月28日~22年1月3日は運休予定)。

 予約受け付け電話番号は080(8607)0790。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年10月20日付
一関・平泉
2021年10月20日付
一関・平泉
2021年10月20日付
一関・平泉
2021年10月20日付