奥州・金ケ崎

「失敗は成功の基」 進路参考へキャリア講演 江刺南中【奥州】

キャリア講演会で仕事について江刺南中の生徒に説明する菅野理事長(左)

 奥州市江刺藤里の江刺南中学校(千葉賢一校長、生徒46人)で14日、「江刺の先輩に学ぶキャリア講演会」が開かれた。進路や職業の選択に向けて、地元事業所から招いた講師の話に全校生徒が耳を傾けた。

 講演会には江刺青年会議所(菅野聡理事長)が協力。菅野理事長や菅原正堯前理事長ら千葉校長を恩師に持つ会員がおり、つながりを生かしてサポートした。

 講師を務めたのは及川武晴さん(及幸建設)、菊池誠弘さん(東京エレクトロンテクノロジーソリューションズ)、海鋒徹哉さん(白金運輸)、佐藤弘司さん(佐藤電化)、菊地渚さん(美容院EKOLE)ら6人。生徒は希望する講師の会場を2カ所回って講演を聴いた。

 講師のうち菅野理事長は、マルモ通信商事通信事業部建設グループサブリーダーとして登壇。自身の進学や就職の経緯と仕事の様子を紹介した。経験を基に「失敗は成功の基。興味のあることにチャレンジしてほしい。失敗を取り返せないということはない」「将来の目標を決めるのは早ければ早いほど良い」などのアドバイスをした。

 仕事の適性については「細かい作業が好きだったことが今役に立ってはいるが、好きでなければ駄目というわけではない。仕事に自分を合わせていくこともできる」と指摘。生徒に向けて「勉強も今しかできないことの一つ。頑張るほど伸びていくもので、その人がどれだけ頑張れるかを決める」と強調した。

 及川舜介さん(3年)は「失敗は成功の基で、今しかできないこともあると聞いたのでチャレンジをしていきたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年10月24日付
奥州・金ケ崎
2021年10月24日付
奥州・金ケ崎
2021年10月24日付
奥州・金ケ崎
2021年10月24日付