北上・西和賀

豊かな色彩、独創性 アール・ブリュット いわて巡回展開幕【北上】

北上市の江釣子ショッピングセンターパルで開幕した「いわてアール・ブリュット巡回展2021」

 県内の障害のある作家による芸術作品を紹介する「いわてアール・ブリュット巡回展2021」は21日、北上市北鬼柳の江釣子ショッピングセンターパルで始まった。11月3日まで。

 巡回展は、障害者らの創作意欲の醸成を図り、県民の障害者芸術への関心を高めるために開かれている。5回目となる今回は、県内作家10人の絵画や立体作品を紹介する通常の展示に加え、盛岡市出身の八重樫道代さんと釜石市出身の小林覚さんを特集する「二人展」を企画。来年1月30日までの期間、同市を皮切りに久慈市、陸前高田市、盛岡市の4会場を巡回する。

 北上会場で行われたオープニングセレモニーで、巡回展の企画・構成を担当した板垣崇志さん(しゃかいのくすり研究所代表、るんびにい美術館アートディレクター)は「誰しも小さい頃は無心に絵を描いていた。その心を失わず描かれた作品は見る人を感動させ、共感に導く。これこそが文化の本質だと思う」と巡回展の意義を語った。

 セレモニー後には、今回の巡回展に愛らしい動物たちの絵「みんなで いこう!」を出品した盛岡市の工藤優太朗さん(20)によるギャラリートークが行われた。工藤さんは「最近は恐竜の絵を描き始めた。生き物はみんな僕の仲間たちでみんな仲良し。これからもよろしくお願いします」と来場者に語り掛けた。

 会場には、文字を独創的にアレンジして描いた「林檎葡萄」、緻密な色遣いで躍動感にあふれた「カウントダウン21世紀」、淡い色彩でシンプルに表現した「花火」など26作品を展示。来場者は驚いたり感心したりしながら1点1点熱心に鑑賞していた。

 時間は午前10時~午後5時(最終日は2時)。入場無料。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年11月28日付
北上・西和賀
2021年11月28日付
北上・西和賀
2021年11月28日付
北上・西和賀
2021年11月28日付