一関・平泉

いわて瞬感 寒さ増し ますます甘く 花泉・おいまつ柿【一関】

弓なりにつるし、1カ月かけて寒干しすることで甘みが増す「おいまつ柿」

 日に日に寒さが増す中、一関市花泉町老松で特産の「おいまつ柿」を使った干し柿作りが最盛期を迎えた。特産化を目指す老松柿生産組合「おいまつ柿援隊」(小野寺義成組合長)が6日から作業。作業場では組合員が1個ずつ手作業で皮をむいている。

 おいまつ柿は皮をむいた後、硫黄で薫蒸してから干すことで鮮やかなあめ色になるのが特徴。高さ約4メートルある干し場には弓なりにつるされた柿が幾重にも重なり、寒風を受けてじっくりと甘みを増していく。

 小野寺組合長(80)は「今年は春の遅霜の影響で柿の収量が少なく、干し柿も5000個ほどと昨年の半分となるが、出荷する12月中旬までには例年通りの味に仕上げていく」と語る。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年12月2日付
一関・平泉
2021年12月2日付
一関・平泉
2021年12月2日付
一関・平泉
2021年12月2日付