一関・平泉

「食べがいありそう」 巨大ナガイモ収穫・東山【一関】

大きく育ったナガイモを抱える安東さん

 一関市東山町松川字野平の安東馨さん(78)方でジャンボサイズのナガイモが収穫された。今年は近所でもナガイモが大きく育っているといい、「食べがいがありそう」とご満悦だ。

 安東さんは家の近くの畑で30年ほど前からナガイモを育てている。5月に種芋を植え、11月に入ってから収穫を開始。今年は全般に大物ぞろいで、計測したところ、最も大きなもので長さ112センチ、直径46センチ、重さは8・2キロもあった。

 安東さんは「掘った時はどのくらい長いのか分からず、抜く時も苦労した。天候の影響なのか」と目を丸くし、「この辺のナガイモは他の物より粘りがあって評判もいい」と話し、収穫した芋は自家消費のほか知人らにも分けるという。

 太くて長く、ずっしりとした秋の恵みを抱え、粘り腰で続けた1年の農作業の苦労を振り返っていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年11月27日付
一関・平泉
2021年11月27日付
一関・平泉
2021年11月27日付
一関・平泉
2021年11月27日付