北上・西和賀

伝統食家庭で手軽に 冬季限定品「納豆汁の素」人気 西和賀産業公社

冬期間限定商品「納豆汁の素」を使った納豆汁(手前)と「まめでらがラーメン」

 西和賀町の西和賀産業公社は、冬期間限定商品「納豆汁の素」を販売している。地域の伝統食が家庭で手軽に味わえるとして毎年人気を集めており、町内の湯夢プラザ(川尻)とレストハウスゆのさわ(湯之沢)では同商品を使用したメニューも提供する。

 納豆汁は厳しい冬を乗り切るため西和賀で昔から食べられていた郷土料理。すり鉢に入れた納豆を生のダイコンですり潰し、みそ汁に加えたもので、食べると体が温まると伝えられる。

 同商品は、同町の左草地区住民でつくる納豆汁の素製造組合が毎年手掛けている。県産大豆を使った納豆をすり潰して「ゆきっこ味噌(みそ)」と合わせており、みその代わりにみそ汁に入れることで納豆汁の味わいを楽しめる。西わらびや西和賀産のキノコのほか、豆腐、油揚げなどと特に相性が良く、入れる前によくかき混ぜると風味が増すという。

 価格は4杯分(2杯分×2)入りで300円(税込み)。町内の湯夢プラザ、南川商店(湯田)、里の恵(沢内字太田)のほか、盛岡市前潟のイオンモール盛岡や同市本宮のイオンモール盛岡南の県産品専門店などで取り扱っている。

 レストハウスゆのさわでは、同商品を使った「まめでらがラーメン」(税込み850円)を販売。「まめでらが」は西和賀の方言で「元気ですか」という意味で、湯葉やひきわり納豆など大豆をふんだんに使っている。納豆汁と週替わりの丼のセット(同900円)も提供している。

 湯夢プラザでは、24日から豚のしょうが焼きや鶏の竜田揚げ、とんかつなどおかずを選べる納豆汁定食(同850円)として提供。納豆汁単品は350円でテークアウトにも対応する。

 同公社営業企画課の藤原朝子係長は「寒い冬、納豆汁を食べて身も心も温まってほしい。こだわりのみそを使用し、手作りするお母さんたちの思いも込められているので、味わっていただきたい」とPRする。

 問い合わせは同公社=0197(82)2211=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年11月27日付
北上・西和賀
2021年11月27日付
北上・西和賀
2021年11月27日付
北上・西和賀
2021年11月27日付