県内外

花巻東 初戦突破 明治神宮野球大会

 第52回明治神宮野球大会は20日、東京・神宮球場で開幕し、高校の部1回戦で東北地区代表として初出場の花巻東が国学院久我山(東京地区代表)を6―3で下し、2回戦に進出した。【4面に関連】

 花巻東は一回2死から3番佐々木麟太郎(1年)の右越え本塁打で先制。逆転を許した直後の三回には佐々木の犠飛で追い付いた。2―3で迎えた七回には9番熊谷陸(1年)の右翼線三塁打を足掛かりに1死満塁とすると、再び佐々木の犠飛で同点とし、続く4番田代旭主将(2年)の中前適時打で逆転。さらに連打で2点を加えた。

 先発したエース萬谷大輝(2年)は緩急を織り交ぜた丁寧な投球で強打の相手打線を3点に抑え、神宮大会初勝利をもたらした。

 2回戦は22日の第1試合で高知(四国地区代表)と対戦する。午前8時30分プレーボール予定。

momottoメモ

▲佐々木、持ち味のパワー発揮

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年12月4日付
県内外
2021年12月4日付
県内外
2021年12月4日付
県内外
2021年12月4日付