花巻

来年1月10日まで延長 需要を下支え 花巻市、温泉施設利用料金助成

 花巻市は新型コロナウイルス感染拡大により打撃を受けた市内温泉宿泊施設等を支援する利用促進事業について、県民と県内事業所勤務者を対象にした利用料金の助成期間を延長する。11月末までの予定を2022年1月10日(12月29日~1月3日を除く)まで延ばす。県の支援策「いわて旅応援プロジェクト」の終了後、利用客が急減する可能性があるため、助成期間を延ばすことで需要を下支えする。

 市によると、市内温泉宿泊施設等の10、11月の宿泊予約状況は、県の支援策や市の利用促進事業により、県内宿泊客の利用が好調だ。ただ12月31日までを期間とする県の支援策は宿泊事業者などに配分する割引原資がなくなり次第終了するため、事業者によっては利用客が減る可能性がある。

 実際に12~1月の利用予約は低調だといい、国の支援策「Go To トラベル」について再開が検討されている情報などもあるが、市内宿泊者数の推移や予約状況を勘案して助成期間の延長を決めた。

 助成内容はこれまで通り、1人当たり2000円以上の日帰り入浴(食事付き)で1000円、1泊4000円以上6000円未満の宿泊で2000円、1泊6000円以上の宿泊で3000円。19日現在で市内35施設の宿泊プラン、19施設の日帰りプランが対象になっている。

 団体利用の目安についてはこれまで8人程度としていたが、12月以降は15人程度に拡大する。

 助成を受ける場合は、宿泊施設に電話で助成事業を使うことを伝えて予約する。県の支援策と併用できるが、市助成分の割引額を適用した宿泊料金に県の県助成分の割引が適用されるため、事業者に確認するなど注意が必要。

 問い合わせは市観光課=0198(41)3542=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年12月2日付
花巻
2021年12月2日付
花巻
2021年12月2日付
花巻
2021年12月2日付