北上・西和賀

北上市立博物館本館 特別展「国見山廃寺における建築・瓦」開催中

特別展の展示ゾーン

 北上市立博物館は、特別展「国見山廃寺における建築・瓦―特徴的な建築物や瓦についての研究成果―」を12月26日まで開催している。地元の建築士らが完成させた堂塔の復元図などを通し、来館者が大寺院の往時の姿に思いを巡らせている。

 国見山廃寺跡(国史跡)は同市の国見山で発見された古代寺院跡。平泉が栄える150年ほど前に北東北最大の寺として栄えたが、礎石しか残っていないため建築士らが復元図面づくりに取り組んでいる。特別展では象徴的な「五重塔」の復元図や、出土品の瓦などを展示。蓮華文(れんげもん)を施した瓦の伝播の歴史や、胆沢城の瓦との比較も来館者の注目を集めている。

DATA

北上市立花14-59
0197・64・1756
開/9時~17時(最終入館16時30分)
休(特別展会期中)/12月6、13、20日
料/一般500円、高校生240円、小中学生170円、未就学児無料

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年12月3日付
北上・西和賀
2021年12月3日付
北上・西和賀
2021年12月3日付
北上・西和賀
2021年12月3日付