県内外

荒木氏特別賞 平泉イメージ画制作 マンガ郷いわて

県が所有する「東北復興平泉宣言」イメージイラスト

 県は25日、「マンガ郷いわて特別賞」第6回受賞者として、漫画家荒木飛呂彦氏(61)を選出したと発表した。「東北復興平泉宣言」のイメージイラストなどを制作し、本県の魅力発信や東日本大震災からの復興に貢献したとしている。

 荒木氏は仙台市出身で、1980年に「武装ポーカー」で第20回手塚賞に準入選しデビュー。代表作「ジョジョの奇妙な冒険」は、30年以上にわたる長期連載シリーズで、第8部に当たる「ジョジョリオン」は震災後の被災地を思わせる舞台設定となっている。

 本県関連では、2011年に世界遺産平泉の理念と震災復興を盛り込んだ「東北復興平泉宣言」、16年に希望郷いわて国体・希望郷いわて大会記念の「いわて人間讃歌」のイラストを迫力あるタッチで描いたことで知られている。

 震災から10年、平泉の文化遺産世界遺産登録から10年の節目に合わせ、荒木氏の表彰を決めた。達増拓也知事は「(荒木氏は)日本を代表する漫画家の一人。東北復興平泉宣言を描いて以降、災厄、災害にどのように立ち向かうかをテーマにした第8部の連載が今年終わったことも一つの節目と考え、今回の表彰とした」と語った。

 表彰式は、12月19日に盛岡市内で行われ、荒木氏はリモートで出席する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年12月2日付
県内外
2021年12月2日付
県内外
2021年12月2日付
県内外
2021年12月2日付