一関・平泉

事故気を付け無事“カエル” 一関郵便局 ケロ平で啓発

一関郵便局に1日から設置され、集配業務を担う社員に無事故を呼び掛けている県の世界遺産平泉PRキャラクター「ケロ平」の人形

 一関市大手町の一関郵便局(佐藤圭一局長)は、受け持ちエリアとなる一関地方で年末年始の繁忙期を中心とした冬期間の交通事故ゼロを目指し、1日から「今日も一日無事帰る(カエル)リレー」と銘打った取り組みを始めた。県の世界遺産平泉PRキャラクター「ケロ平(ひら)」の人形がエリア内の集配局をリレー形式で回りながら、2022年3月31日までの4カ月間、交通事故防止を呼び掛ける。

 「平泉の文化遺産」の世界遺産登録10周年を機に、県南広域振興局と平泉町の協力でケロ平の人形3体を借用。郵便局員と同じ特注のネームプレートを首から下げ「交通事故・郵便事故0(ゼロ)に向けて~今日も無事故でかえるケロ」とのメッセージを添えた人形を、集配業務を担う社員の出入り口に目立つよう設置した。

 人形は同局に設置された1体のほか、同地方で集配業務を受け持つ8局を4局ずつ二つのグループに分け、各グループごとに人形が週替わりで巡回。一関郵便局総務部の三浦諒課長は「社員が安全、確実な業務を行い無事に帰ることで、地域のお客さまと一緒に冬期の交通安全に取り組んでいく」としている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2022年1月19日付
一関・平泉
2022年1月19日付
一関・平泉
2022年1月19日付
一関・平泉
2022年1月19日付