奥州・金ケ崎

切磋琢磨 提供誓う 胆沢センター入賞報告 学校給食甲子園【奥州】

髙橋教育長(右から2人目)に学校給食甲子園で2度目の全国優秀賞入賞を報告した胆沢学校給食センターの千葉所長(右)、菊地上席主任栄養士(左から2人目)、千葉調理師

 第16回全国学校給食甲子園(認定NPO法人21世紀構想研究会主催)で2回目の優秀賞に輝いた奥州市の胆沢学校給食センターの関係者は21日、同市江刺の市役所江刺総合支所に髙橋勝教育長を訪ね、入賞を報告するとともに今後もおいしい給食を提供し続けることを誓った。

 学校給食甲子園は学校給食の日本一を選定。今回は1355件の応募があり、同センターなど1~4次審査で通過した12施設が今月4日にオンライン開催された決勝大会に進出。決勝では優勝、準優勝、特別賞、優秀賞を決めた。

 髙橋教育長を訪ねた同センターの千葉有所長(63)は「入賞は施設ばかりでなく周りの人たちみんなが喜んでいる」と、表彰状やメダルなどを披露。髙橋教育長は「2回目の全国入賞おめでとう。市内の施設がさらに切磋琢磨(せっさたくま)しておいしい給食を子供たちに提供してもらいたいと思う」と話していた。

 菊地万里子上席主任栄養士と千葉努調理師は「普段通りのメニューが高い評価を受けた。これを励みにこれからも頑張りたい」と抱負を語っていた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年1月23日付
奥州・金ケ崎
2022年1月23日付
奥州・金ケ崎
2022年1月23日付
奥州・金ケ崎
2022年1月22日付