花巻

降雪と無事故願い 鉛温泉スキー場開き【花巻】

テープカットでシーズン開幕を祝う鉛スキー場の関係者

 花巻市鉛の鉛温泉スキー場で23日、安全祈願祭とスキー場開きが行われた。オープン初日は、ゲレンデの積雪不足のためリフト運行などは見送り、関係者らが今冬の本格的な降雪とにぎわい、利用者の無事故を祈願した。

 市や市スキー協会、温泉や観光商工関係団体、パトロール隊、地域住民などから約60人が参加。安全祈願祭に続き、スキー場開きを行い、テープカットをしてオープンを祝った。

 滑走可能の判断目安となる積雪50センチ。同日現在の積雪は10センチ程度で、同スキー場索道技術管理者の下河原勝さんは「滑走可能な圧雪斜面を確保するにはまだまだ雪が足りない。早くまとまった雪が降ってくれれば」と期待した。

 同スキー場は初級から上級までバリエーション豊かな五つのコースがあり、気象条件が穏やかでリフト運休の心配は不要。オープン情報やゲレンデ情報は同スキー場のホームページまたはフェイスブックで配信する。

 ペアリフトの運行は午前9時から午後4時ごろまで。リフト料金は大人が1回券250円、1日券2500円、中学生以下と60歳以上が1回券180円、1日券1800円。冬休み期間はキャンパスカード(ふるさとパスポート)持参で市内小中学生のリフト券が無料になるほか、小中学生、高校生、富士大生は土・日曜日の1日券割引もある。

 問い合わせは鉛スキーセンター=0198(25)2711=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年1月23日付
花巻
2022年1月23日付
花巻
2022年1月23日付
花巻
2022年1月22日付