奥州・金ケ崎

待ちに待った晴れの日 金ケ崎町で20年度成人式

20年度の金ケ崎町成人式で誓いの言葉を述べる伊丹さん

 新型コロナウイルスの影響で延期されていた金ケ崎町の2020年度成人式は30日、同町の中央生涯教育センターで行われた。この日を辛抱強く待った昨年度の新成人が同級生たちと再会。大人の責任を果たし、成長することを改めて誓った。【社会面に写真特集】

 式は町と町教委、成人式実行委員会が主催。当初1月10日に行われる予定だったが、新型コロナの状況が見通せず延期していた。全国で感染状況が落ち着いたことから、年内実施にこぎ着けた。

 式には00年4月2日~01年4月1日生まれの金ケ崎中学校卒業生と町内在住者のうち89人が出席。髙橋由一町長は「コロナ禍ながらできた成人の交流機会は生涯の宝になる。成人式を社会への新たなる出発点とし、社会人の1人として責任と自覚を持ち、それぞれの役割を果たしてほしい。社会に奉仕、感謝できる人になれるよう祈念している」と式辞を述べた。

 代表して実行委員長で岩手大3年の伊丹一翔さん(20)=同町三ケ尻川口田出身=が誓いの言葉を述べ、「新型コロナで延期になっても無事成人式を迎えられたのは、家族や先生方、地域の皆さんのおかげ。学生や社会人など立場は違っても、成人の責任を持ち後輩の模範になれるよう活動していく」と力を込めた。

 式に続いて開かれた「はたちのつどい」では、中学時代の恩師との再会や、思い出のスライド写真の上映、タイムカプセル「夢缶」の返還、保護者有志による花火の打ち上げなどが行われた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年1月17日付
奥州・金ケ崎
2022年1月16日付
奥州・金ケ崎
2022年1月16日付
奥州・金ケ崎
2022年1月16日付