県内外

小林陵が銀 ジャンプ男子LH 北京五輪

ジャンプ男子個人ラージヒル2回目、小林陵侑の飛躍=12日、張家口(時事)
森重が銅 スピード男子500

 【北京時事】北京冬季五輪第9日は12日、ジャンプ男子個人ラージヒルが行われ、小林陵侑(盛岡中央高―土屋ホーム)が銀メダルを獲得した。6日の個人ノーマルヒルとの2冠達成はならなかった。ジャンプの個人種目で1大会2個のメダルは、1998年長野大会の船木和喜以来で2人目。【、5、社会面に関連】

 スピードスケート男子500メートルでは、森重航(専大)が銅メダルを獲得した。スピードスケートで男子の日本勢が表彰台に立ったのは3大会ぶり。今大会で日本勢のメダルは計10個(金2、銀3、銅5)となった。2桁到達は平昌大会に続き2大会連続で3度目。

 アイスホッケー女子の日本(スマイルジャパン)は、準々決勝でフィンランドに敗れた。カーリング女子1次リーグで、ロコ・ソラーレの日本はデンマークを破り、通算成績を2勝1敗とした。

 フィギュアスケートはアイスダンスのリズムダンス(RD)が行われ、小松原美里、小松原尊組(倉敷ク)が登場。

momottoメモ

▲【いわにちコレクション】北京五輪

地域の記事をもっと読む

県内外
2022年5月17日付
県内外
2022年5月17日付
県内外
2022年5月17日付
県内外
2022年5月17日付