花巻

雄星ユニホーム公開へ 応援団が市に寄託 昨年球宴【花巻】

菊池雄星投手の球宴ユニホームを上田市長(左)に託した小田島団長(左から2人目)と佐々木さん

 花巻東高校出身で、米大リーグでプレーする菊池雄星投手の2021年オールスター戦ユニホームが30日、所有者から花巻市に寄託された。同市では「貴重なユニホーム。展示して多くの市民が見る機会をつくりたい」とし、市本庁舎1階の市民ホールで近く公開する予定。

 ユニホームを託したのは、菊池投手の両親の出身地である同市東和町の住民を中心につくる「いわて・菊池雄星応援団」(小田島邦弘団長)。今年1月に菊池投手の母親から同町在住の祖父を通じて応援団に届けられた。地元団員向けのお披露目の場は設けたものの、多くの市民に見てほしいと市への寄託を決めた。

 同日は小田島団長と菊池投手の叔父佐々木雄孝さんが市役所に上田東一市長を訪問。小田島団長は「応援団で管理、保管してきたが、展示して市民をはじめ子供たちに見てもらい、夢を持つ機会になればうれしい」と語った。

 菊池投手は大リーグ4年目の今シーズン、ブルージェイズでプレーする。上田市長は「ユニホームは貴重なもので、雄星投手が花巻東、東和町を大事にしている表れ。市民にユニホームを見てもらい、応援する機会をつくりたい」と申し出に応えた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年5月19日付
花巻
2022年5月19日付
花巻
2022年5月19日付
花巻
2022年5月19日付