花巻

第10回大会成功期す 今年度事業決める イーハトーブハーフマラソン【花巻】

第10回大会の開催を含む今年度事業計画を決めたイーハトーブ花巻ハーフマラソン大会実行委総会

 イーハトーブ花巻ハーフマラソン大会実行委員会(会長・上田東一花巻市長)の2022年度第1回総会は5日、市役所で開かれ、今年度事業計画・収支予算などを決め、24日に開催される第10回大会の成功を期した。

 委員ら20人余りが出席。上田市長は「コロナ禍の状況がまだ収束していないが、国ではまん延防止等重点措置を解除し、東京マラソンを含め全国でもマラソン大会が開催されている状況を踏まえ、今年度の花巻ハーフマラソンは感染対策、予防をしっかりして開催したい」と述べ、委員の意見を求めた。

 大会は新型コロナウイルスの影響で中止が続いており、今回は3年ぶりの開催。従来の3キロの部、10キロの部は密集を防ぐため実施を見送り、ハーフマラソンの部(一般)のみ定員1000人で募集した。

 感染対策として入場口等エリア規制、大会当日までの健康チェック、会場内での検温・消毒などを実施。人の密集を避けるため、参加賞や完走賞などの配布、式典関係、参加者への飲食の提供は行わない。

 当日は、同市松園町の日居城野陸上競技場を発着点とした日本陸連公認コースで、午前9時にスタートする。県外432人を含む976人がエントリー。ゲストランナーには08年北京五輪5000メートル日本代表、09年世界選手権5000メートル日本代表の小林祐梨子さんを迎える。

 参加者には参加賞として大会記念Tシャツ(事前送付)が贈られるほか、特別賞として完走者の中から男女各総合1位と抽選で選ばれた1人の計3人に東京マラソン2023の出場権、抽選で選ばれた4人(予定)に第17回湘南国際マラソンの出場権が贈呈される。

地域の記事をもっと読む

花巻
2022年5月20日付
花巻
2022年5月20日付
花巻
2022年5月20日付
花巻
2022年5月20日付