奥州・金ケ崎

桜回廊 あでやか 胆沢・若柳 国道397号【奥州】

見頃を迎えた奥州市胆沢若柳地内の国道397号沿いの桜並木

 奥州市胆沢若柳地内の国道397号沿いでは、桜が見頃を迎えており、今年も「桜の回廊」が出現した。

 桜並木は、同市胆沢若柳字土橋付近から西に断続的に約7キロ続き、ソメイヨシノなど約600本が並ぶ。昭和初期に在郷軍人による植樹が始まったとされ、1960年代の緑化運動を経て数が増えた。花のほか、夏の緑のトンネル、冬は雪に染まる「銀色の道」としても季節の景観で親しまれている。

 同市胆沢若柳字上土橋の胆沢まるごと案内所によると、19日現在で桜は同案内所の近くをはじめ、回廊の東側を中心に満開や八分咲きなどとなっている。

 同日はゆっくり同国道沿いを歩き、春の風景を楽しむ人たちの姿も見られた。

 一部区間では、桜のライトアップも18~26日の日程で行われている。同案内所から西に約1・5キロの区間で午後6~9時に点灯している。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年5月23日付
奥州・金ケ崎
2022年5月23日付
奥州・金ケ崎
2022年5月23日付
奥州・金ケ崎
2022年5月22日付