奥州・金ケ崎

火災予防広報に尽力 瀬原子供会全国表彰 優良少年消防ク【奥州】

瀬原火の用心子供会が優良少年消防クラブ表彰を受け、盾を受け取った同会の千葉代表

 奥州市衣川の瀬原火の用心子供会は、総務省消防庁から2021年度の優良少年消防クラブ表彰を受けた。25日に同市の奥州金ケ崎行政事務組合消防本部で表彰伝達が行われ、関係者は地域の防火意識向上につなげる活動を一層充実させることを誓っている。

 同子供会は1992年、瀬原地区の児童で結成。土日を中心に活動し、そろいの法被を着て拍子木を打ちながら地区内を歩く火災予防広報や、消防庁舎見学などのリーダー研修、防災訓練などに取り組んできた。現在は衣里小学校の7人が所属しており、全国表彰は4回目。

 伝達では、同本部の千葉典弘消防長が盾を手渡し、「熱心で継続的な活動が認められ、消防職員、関係者としても感謝を申し上げる。火災は小さな不注意から発生するため、一番有効な予防手段は防火意識を向上・維持すること。活動が管内に広まり、地域の防火意識が維持されることを期待している」とあいさつした。

 盾を受け取った同会の千葉光代表(36)は「子供たちの長年の活動が表彰されて大変うれしい。少人数だが、火災予防広報は全員参加で取り組んでいる。上の世代から受け継いだ高い意識の活動を継続していきたい」と話していた。

 2021年度に県内で同表彰を受けたのは、同会を含め2団体。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2022年5月23日付
奥州・金ケ崎
2022年5月23日付
奥州・金ケ崎
2022年5月23日付
奥州・金ケ崎
2022年5月22日付